海床ロボット

東京の海

USE CASES

日本の水辺は可能性しかない
特に大都市の水辺は、昔は舟運、近代は鉄道、最近は車・飛行機によるヒトモノの移動で重要な空間ですが、都市過密化により課題が山積し、事情が複雑に絡みあう状況です。
そこで、私たちは「都市型自動 運転船」が水辺の交通・物流・防災・防犯などの様々な都市問題を解決していく未来仮説を描き、活動しています。
無限に広がるサービスモデル
UMIDOKO PROJECT は、海や水面に『床』を浮かべ、自動で動いて離着岸する「海床ロボット」を開発しました。その応用として「レストラン船」「渡し舟船」「防災船」「ゴミ回収船」などの社会課題を解決する活用モデル展開を描き、実証実験や開発を進めています。
  • ヒト・モノを運ぶサービスモデル

    都市の水上をヒトやモノが動き回る未来を実現。

    都市の水上をヒトやモノが動き回る未来を実現。
    CASE1多くの人を運ぶ交通手段、各地点を結ぶ都市交通を担う定期船
    混雑緩和、交通機関の代替
    CASE2オンデマンドな移動手段、タクシーのように3、4 名が乗る船
    交通不便地区への通勤手段、モバイルで操作
    CASE3ロジスティクスでの活用、河川・運河での積替を想定した物流船
    宅配トラックの代替(交通渋滞の回避)
  • アタッチメントによるサービスモデル

    センサー・デバイス、空間を都市型水上ロボットが
    搭載・牽引することで実現するサービス。

    センサー・デバイス、空間を都市型水上ロボットが搭載・牽引することで実現するサービス。
    CASE1まちの課題を解決する水上プラットフォーム船
    水質改善、マイクロバブル浄化、橋の点検、
    太陽光発電、防犯、清掃など
    CASE2多目的フローティングスペースとして活用、多目的に活用される箱型船
    水上ホテル、住宅、ワーキングスペース、
    マーケット、魚釣りなど
    CASE3水上ステージとして連結可能なフラット船で、新たな空間を創造
    桜や花火の見学、デッキをステージとしたショー、
    非常時の橋としての活用など
  • 高性能な桟橋サービスモデル

    都市型水上ロボットのインフラ、充電機能や着脱機能を持つ桟橋として。災害時のインフラ活用にも。

    都市型水上ロボットのインフラ、充電機能や着脱機能を持つ桟橋として。災害時のインフラ活用にも。
    CASE1移動可能な桟橋、自走して移動することができる
    災害時の非常用桟橋、景観規制地域などで
    桟橋設置不可なところに移動可能な桟橋
    CASE2水辺のイノベーションを支える高性能桟橋(インフラ)
    蓄電池装備の充電機能、ロボット船の充電、
    50kwで10分間充電など
CASE紹介「海床ロボット」in 大阪万博
2021年12月に大阪城東外堀で行われた海床ロボット実証実験の様子

2021年12月15日大阪城東外堀で行われた実証実験。
2025年大阪・関西万博の会場予定地である夢洲における海床実用を目指す。

海床ロボット\活用先・協業プロジェクト募集/

  • 海床ロボットでカフェ
  • 海床ロボットで焚き木
  • 海床ロボットで音楽ライブ

3m×3mの海に
うかぶ床があるならば…

  • 自治体で実証実験を
    してみたい。
  • 基本的な予算を
    知りたい。
  • こんなアイデアが
    あるけれど実現可能?